株式会社エルモス
ホーム 製品紹介 ダウンロード ご購入 デモ機貸出 会社概要 お問い合わせ
ホーム > 製品紹介 > 信号発生器 > AWG-10K
信号発生器
AWG-10K
波形発生器 AWG-10K
USB接続・バスパワー
コンパクトな外形
2出力レンジ(±5V, 0V〜+10V)
汎用IOポート装備
複数台並列運転可
波形編集ソフトウェア付属
API関数ライブラリ付属
価格 \34,800 (税抜)
信号発生器の進化形! < PCから簡単波形作成・出力 >
デモ機貸出サービス実施中!
一度、お手にとってお試しください。詳細はこちらのページ
信号発生器 製品比較一覧へ
更に高機能機種AWG-50こちらのページ
更に高機能機種AWG-100こちらのページ
製品概要
AWG-10Kは1チャネルのアナログ波形出力を備えたディジタル合成方式によるUSB接続の信号発生器です。電圧分解能12ビット、サンプリングレート10MSPS、データ長256Kワードの構成で1周期2us〜24Hの任意波形を出力できます。波形出力レベルは-5V〜+5V(バイポーラ)と0V〜+10V(ユニポーラ)の2種類のレンジを選択でき様々な機器との接続が可能です。
波形の作成と出力
波形作成は付属のソフトを使ってPC画面上で簡単に行えます。波形データはAWG-10Kに転送して直ちに出力することもできますしファイルとしてセーブすることもできます。
出力レンジの切替は編集画面上でシームレスに行えるのでバイポーラ信号とユニポーラ信号の変換がスムーズに行えます。
波形データのAWG-10Kへの転送及び制御が行えるAPI関数が用意されているのでユーザーアプリケーションでのシステム実装が容易です。
機器との接続
AWG-10Kと接続機器は配線が容易なスクリュータイプのターミナルを採用しているため専用ケーブル等が不要です。
汎用のIOポートとして5VCMOSレベルの入出力各1点が備えられているので接続機器の制御や状態監視等が行えます。
最大電流100mAまで供給可能な+5V電源端子を備えていますのでAWG-10Kと接続機器間に付加回路が必要な場合の電源供給が行えます。
同期運転と複数台接続
AWG-10Kにはタイミング信号として波形出力の開始時に出力される同期信号出力と外部から波形出力を開始させるトリガ信号入力があります。これらの信号を使ってAWG-10Kと接続機器間の同期をとることができます。
AWG-10Kは1台のPCで複数台のUSB接続ができます。同期信号出力とトリガ信号入力を使ってこれら複数台を同期並列運転させることが可能です。
製品仕様
方式 ディジタルシンセサイズ方式
サンプリング時間 100ns 〜 330msec
波形周期時間 2us 〜 24Hour
データ容量 256KW × 12bit
出力モード 連続
繰り返し 1 〜 256回
アナログ
波形出力
電圧レベル -5V 〜 +5V / 0V 〜 +10V
負荷インピーダンス 1KΩ以上 (10KΩ標準負荷)
同期信号
出力
出力レベル 5V CMOS
パルス幅 10サンプリングクロック (自動設定)
出力制御 リモート(PC) PC画面より制御
外部トリガー 外部トリガー信号による制御
API関数 専用API関数による制御
外部トリガー
信号入力
入力レベル TTL, 5V CMOS, 3.3V LVCMOS
有効タイミング 正負エッジ (パルス幅100ns以上)
汎用ポート
入出力
入力レベル TTL, 5V CMOS, 3.3V LVCMOS
出力レベル 5V CMOS
PC-I/F USB2.0 (フルスピード)
電源 USBバスパワー 5V 250mA
(外部供給無し)
動作温湿度範囲 +5℃ 〜 +45℃ 80% RH以下
(結露無き事)
寸法 (mm) 95(W) × 58D) ×17(H)
重量 130g
■ダウンロード
AWG-10K 取扱説明書
(Rev1.2)

(PDF:596KB)
波形編集ソフトウェア
■動作環境
OS Windows 10/8(8.1)/7/Vista/XP
ディスプレイ 1024×768 ドット以上
その他 USBポート
マウスまたは互換のあるポインティングデバイス
■ダウンロード
AWG-10K 波形編集ソフトウェア
(Ver1.0)

(ZIP圧縮:328KB)
波形編集ソフトウェア
AWG-10K 波形編集ソフトウェア
波形編集
波形の作成はあらかじめ組み込まれている各種の関数に加えてマウス操作によるランダムな波形の作成と修正も可能です。
また、CSV形式のデータファイルの読み込みも出来るため、既存のデータの再現や、表計算ソフト等の関数で作成したデータを波形として実現する事も容易です。
機能一覧
作成 正弦波
矩形・台形・三角・鋸波
直流波形
ランプ波形
指数関数波形
ランダムノイズ
及びこれらの波形の相互演算(加・減・乗算)
修正 マウス操作
上・下限クリップ
振幅演算
レベルシフト
直流分除去
外部データ CSVファイル読み込み
波形編集から波形出力までの流れ
波形発生の流れ
API関数ライブラリ
■動作環境
波形編集ソフトウェアで作成した波形ファイルをユーザーアプリケーションから専用API関数を介して本体に転送することができます。また、波形出力制御(スタート/ストップ)を操作する関数もあります。
対応OS Windows 10/8(8.1)/7/Vista/XP
対応開発言語 Visual C++/Visual Basic.NET/Visual C#.NET
必要メモリ空き容量 10Mバイト以上
■ダウンロード
AWG-10K プログラミングガイド
(Rev1.1)

(PDF:66KB)
関連製品
USBアイソレータ USI-12M
概要
USI-12Mはアナログ・デバイセズ社の「ADuM3160」を使用したフルスピード対応のUSBアイソレータです。
アップストリーム側(PCまたはハブ)とダウンストリーム側(機器)とを、電源系・信号系共に完全に絶縁しますので、PCを含めた複数のUSB機器間の共通グランドやグランドループの回避及びPCノイズの混入防止に効果を発揮します。バスパワーで動作するAWG-10Kには最適です。


生産終了しました

■ダウンロード
USI-12M 取扱説明書
(Rev1.2)

(PDF:44KB)
USBアイソレータ USI-12M
Copylight (c) 2006-2019 ELMOS Co.,Ltd. All Rights Reserved.